INAX建築技術専門校’s blog

INAX建築技術専門校から発信されるニュースの数々です!

35期 秋組 訓練状況について

前回の投稿からかなり時間がたってしまいましたが、

12月~1月の分散教育から戻ってきてからの

35期 秋組の様子について投稿します。

 

集合教育前半で「モザイクタイル張り」までを終えた訓練生は

後半では「床タイル張り」・「弾性接着剤タイル張り」・

「2級模擬試験」・「中間試験」を行いました。

後半の課題はこれまでに学んできた技術のまとめとなります。

35期 秋組の皆さんは全員がしっかりと中間試験までを終え、

先週、専門校での集合教育をいったん終了しました。

 

ここからしばらくは各社での分散教育期間となります。

 

9月の技能照査でさらに成長した姿を見られることを期待しています。

頑張ってください!

35期 秋組 訓練状況について

35期 秋組の皆さんは先週専門校での集合教育をいったん終了し、

各社での分散教育期間に入りました。

ですが「改良圧着張り」以降の「積上げ張り」と

「モザイクタイル張り」についての投稿がまだできていなかったため

今回も引き続き集合教育での様子を投稿します。

 

まずは「積上げ張り」

 

そして「モザイクタイル張り」

 

1月9日からはまた専門校での集合教育が再開します。

訓練生の皆さんが元気に常滑に戻ってきてくれることを楽しみにしています。

 

なお、今回が2023年最後のブログ投稿となります。

今年一年、大変お世話になりました。

 

2024年も引き続きINAX建築技術専門校をよろしくお願いいたします。

35期 秋組 訓練状況について

今回はいつもの実技風景ではなく学科の様子をお届けします。

 

普段の投稿は実技の様子をアップする機会が多いのですが、

実はINAX建築技術専門校の訓練カリキュラムには学科の時間も設定されています。

訓練生の皆さんは基本的には午前に学科訓練を受けています。

 

 

この日の授業は「タイル目地を目視で並べる」ということを学んでいました。

2~3人の班に分かれて指定された目地幅に揃えてタイルを張るため

それぞれが協力しあって頑張っていました。

 

自分たちの班の課題が完成すると他の班の様子を見に行きます。

完成したものを講師に計測してもらい

一番優秀だった班は「どこに気を付けたのか」

「どのように工夫をしたのか」等を他の班のメンバーにむけて

発表してもらいます。

学科の授業も、同期同士で協力し合って学んでいます。

 

ー おまけ ー

ふと見たら訓練生に挟まれている先生を発見!

記念に写真を撮ってみました。

 

35期 秋組 訓練状況について

入校から約1か月半がたった11月下旬頃から

いよいよタイルを“張る”訓練に入りました。

 

今回は「密着張り」と「改良圧着張り」の様子をお伝えします。

 

タイルを張る訓練は、この後も「積上げ張り」・

「モザイクタイル張り」・「床タイル張り」とまだまだ続きます。

 

訓練生の皆さん、引き続き頑張ってください。

35期 秋組 訓練状況について

前回の予告通り今回は「モルタル塗り」について投稿します。

 

塗りの訓練は約2週間です。

講師のアドバイスを聞きながら訓練に取り組みます。

同期同士で相談したり、

自分でチェックをした後は、

講師にチェックをしてもらい、改善点を把握します。

その後、塗ったものを全てはがしてまた最初から繰り返していきます。

 

課題の進捗を競い合う訓練生もいます。

近くにライバルがいるのはとてもいいですね。

塗りの訓練が終わるといよいよタイルを張る訓練が始まります。

 

専門校のある常滑も寒くなってきましたが、

健康に気を付けて引き続き訓練を実施していきます。

 

★おまけ★

お昼休憩に外から楽しそうな声が…

訓練以外の時間もみなさん楽しく元気に過ごしています。

 

35期 秋組 訓練状況について

35期 秋組の訓練生が入校してから約1ヶ月が経とうとしています。

 

前回の「タイル切断・加工」に続き、

訓練は「墨・糸出し」、そして「モルタル塗り」へと進んでいます。

 

今回は「墨・糸出し」の様子をお届けします。

 

 

35期 秋組の訓練生は全員が優秀で、

「墨・糸出し」試験の結果は過去数年の平均に比べ

とても高い点数だったそうです。

 

引き続き頑張っていただき、専門校にいる間に

たくさんの技能を習得してください。

 

次回は「モルタル塗り」の様子をお届け予定です。